Johnny Reynolds - Chaindance
aka...Common Bonds
ジョニー・レイノルド
チェイン・ジャンクション
HOME Characters キャラクター投票
ウィルモント身体障害者回復療養所に入院している脳性麻痺患者
原題:Chaindance
aka...Common Bonds
邦題:チェイン・ジャンクション
製作:1990年
製作国:カナダ
カナダのジェニー賞主演男優賞受賞
年齢:?
☆黒い小さな本はジョニーの宝物です。本はディラン・トーマスの詩集で、子供の時亡くした母親の写真のカードを大切に挟んでいます。
ディラン・トーマス関連リンク→ 1 2
犯罪常習者で刑務所に服役中のJ.T.ブレイクは、囚人更正プログラムとして嫌々ながら、ウィルモント身体障害者回復療養所で入院患者の世話をすることになります。Dourif様はブレイクが担当させられる、かなり悪戯な脳性麻痺患者ジョニー・レイノルド役。Dourif様はこの難しい役を抜群の演技力で演じられています。荒んだ囚人たちの心が、ハンデを持つ患者たちとの接触でどんどん和らいでいき、逆に患者達から多くを学んでいく様子も、温かい気持ちになれる作品でした。このあたりは逆に言うと、展開が安易すぎる気もしましたけど、ジョニーはキュートでユーモアもある魅力的なキャラクターだったので、その辺りはおいといて(私が一番安易ですな)・・・始めは反目しあうジョニーとブレイクの間に生まれる友情はとっても良かったです。それと、ジョニーの"恋"がとっても素敵です。嬉しくなってしまいます!
**********************************






<ネタバレ注意>
患者の中でも悪ふざけの常習犯ジョニーは、「腹が減った、早く食わせろ」とブレイクをせかし、初対面から彼を怒らせて面白がっています。ブレイクの事を「囚人」と呼んだり、
「僕の世話がお前の仕事だ」と始めはわがままなだけの患者のように見えます。でも、ハンデを持って生きて来たジョニーが、人の痛みを分からないはずがないですよね。ほんとはとっても優しいし、ユーモアがあって、ちゃんと人の気持ちを気づかう事のできる男性なんです。

トイレに連れて行ってもらった時、頭に来ていたはずのブレイクが、ジョニーの様子を心配します。ジョニーはここでブレイクが悪い男じゃない事を見抜いてます。実際犯罪者とはいえ、かなりのお人よしです。

トイレから出た時ジョニーは「僕の本」と騒ぎ出し、痙攣の発作を起こしてしまいます。かわいそうです。この本はジョニーがとても大切にしているディラン・トーマスの詩集で、最愛の母親の写真も挟まっているんですもの。ブレイクが慌てて探しに行き、看護士の女性の膝に抱かれて本を握らせてもらうとやっとジョニーは落ち着きを取り戻します。

その後もしばらくジョニーは、疲れて居眠りするブレイクをコケさせたり、部屋に閉じ込められた事の仕返しをしたりと、悪ふざけを続けます。ブレイクの方は刑務所でのストレスも手伝って、ジョニーが絵を描こうとしてるのに、「へたくそ」よばわりした上に、ジョニーをテーブルに放り出して出て行ってしまいます。こんな二人ですけど、憎みあってるわけじゃなくて、気付かないくらい少しずつ信頼関係が生まれていると思います。

事件が起きます。プログラムに参加した中でただ1人の悪、ケイシーが病院から脱走を計るんです。ジョニーはちょうどその場に居合わせてしまいます。その時、ケイシーにブレイクが殴られるのを見たジョニーは、自分の車椅子の傍に飛んできた銃を拾おうとしてるんです。体の自由が利きませんから、とても無理なんですけど、気持ちがわかるんですよー。

事件後、患者達はすっかり友人になった囚人たちが来てくれる事を望んでいて、病院の玄関の前で待っています。随分遅れてやってきた囚人たちは、それぞれの担当患者のところへ駆け寄って感動の再会って感じです。でも、ジョニーはそこにいないんです。不安な顔でジョニーの事を尋ねるブレイクは、部屋で待っているジョニーのところへ行きます。それまで、臭いとか汚いって言われてたジョニーが、ちゃんとお風呂に入って、髭も剃って身綺麗にしてブレイクを待ってるんですよ。それも自分でやったって言うの。この時また本が落ちるんですけど、ブレイクは慌てて拾って彼に渡そうとしますが、ジョニーが「持っててくれ。すぐに無くすから」と今まで決して離そうとしなかった本をブレイクにあずけます。ブレイクもジョニーの髭剃りの心配をしてあげるなど、微笑ましいです〜。




******************************
入浴シーンもあります。ちょっと溺れかけちゃいますけど。

ジョニーとブレイクの信頼関係は深まっていきますけど、ジョニーはブレイクに悪戯やジョークを仕掛ける事は忘れてません。キュートです!

ジョニーは病気のせいで父親に捨てられましたが、母親の愛を受けて育ちました。その母親も子供の時に亡くしたんですが、母親に愛された事を誇りに思ってると思います。

ジョニーが童貞だと知って、ブレイクが自分が何とかすると約束するんですが、ここの会話も好きです。ついでにジョニーのグリーンのサンバイザー姿がかわいいです。

その後二人は車で出かけるんですが、二人の会話と表情が笑えました。
イザその時になると、逆にブレイクの方が緊張してるのも可笑しい。

一番好きだったのはこのあとのシーンです。ジョニーがロニーにベットで詩を読んであげて、優しいキスを交わすんですけど、とっても綺麗で素敵でした。ジョニーの幸せそうな顔が最高です。ジョニーの恋がほんとに素敵で、幸せな気持ちになれました〜。

ジョニーとブレイクのダンスも、良かったですよー。特に誘い方と、誘われ方がね。

Dourif様の演技力に、メロメロでございます〜。ファンになってほんとに良かったです。

Brad Dourif.web