Piter De Vriest - DUNE
パイター
デューン 砂の惑星
HOME Characters キャラクター投票
メンタットでハルコネン男爵の作戦参謀
邦題:デューン 砂の惑星
原題:DUNE
製作:1984年
職業:ハルコネン男爵の側近、作戦参謀(メンタット)
場所:ギエディ・プライム星(ハルコネン男爵の領星)
メンタート・・・帝国市民の階級。最高の理論計算が出来るように訓練された人間コンピューターで暗殺の達人。メンタートは精神力を高めるためにサフォの汁を使用している。サフォは使用する者の口と唇に深紅色の斑点を生じさせる。

パイターは2大大公家のひとつ惑星ギエディ・プライムのハルコネン男爵の側近で、メンタートの彼は作戦参謀でもあります。対立関係にあるアトレイデス公爵からの返事を持ってギエディ・プライムに戻ったパイターは宇宙船内で通信を受けながら、サフォの汁を口にし、「心は意思の力で、思考は"サフォの汁"で動く」と繰り返します。

警備兵が出迎える中、階段を降りるパイター。
(丈の長い衣装とDourif様の細さのせいか、いつもよりかなり長身に見えます〜♪)
主人であるハルコネン男爵にレト・アトレイデスからの手紙を渡しますが、男爵は手紙の内容を聞くと怒ってそれを投げ捨てます。呼ばれて現れた男爵の二人の甥、フェイドとラバン、パイターが「甥御さんたちに、わたしの計画を話しておきました」と言うと、男爵は自分の計画だ!と制します。計画はすべて参謀であるパイターが練っているのでしょうが、ハルコネンの性格からして、そんな事認めたくないんでしょうね。パイターは穏やかに、「アトレイデスを粉砕する計画です」と続け、二人の甥の側に行き説明を続けます。直後に現れた、奴隷?でしょうか、心臓弁(?)をつけられた若者を見てハルコネンは興奮した様子で、サスペンサー(重力除去装置)で空中に舞い上がり、その若者を殺してしまいます。パイターはその様子を黙って見ているだけですが、その残虐さには少しあきれているように感じました。(私はですけど)

アトレイデス家にスパイを送り込んでいる事を自慢気に話していたハルコネン男爵ですが、そのスパイとなってしまったユエの、封印を解いたのはパイターです。
***************************





<ネタバレ注意>
ハルコネン男爵は、香料メランジの採掘権を奪うためアラキスのアトレイデスを襲撃します。そのとき、自分の妻の復讐を誓うドクター・ユエがレト・アトレイデスを襲い、ハルコネンを殺させるために公爵の歯に毒を仕込みます。
アトレイデス側は完全に破れ、息子のポールと妻のジェシカも捕まります。そこでパイターは、ハルコネンの命令通り二人を殺す指示を出しますが、その方法はドクター・ユエが言った通り砂漠でサンド・ウォームに食わせてしまうことでした。
パイターは、魅力的なレト公爵の妻ジェシカに近寄ると、「ユエの女房を知ってた。奴を"額の印"から解いたのは俺だ」と話します。そしてジェシカに触れながら、「お前に触る日を待ちかねた」と口説き?ますが、「欲望は理性を曇らせる」と自分に言い聞かせるように部屋を出て行きます。(う〜ん、勿体ない)

ドクター・ユエがハルコネンの元に連れて来られます。ユエが自分の命を狙っている事を知っている男爵は、近づけるな!と、サスペンサーで宙に浮いたままです。パイターは警備兵を下がらせると、ユエの後ろに回ります。そしてハルコネンが、あの世で女房に会わせてやると言う言葉に合わせるように、後ろからユエをナイフで刺し殺します。死体を見て、片付けろと命令するハルコネンに、パイターは不満な表情を浮かべますが(自分はそんな汚い仕事をするためにいるんじゃないって自負があるんじゃないかなぁ・・・と思いましたが)、警備兵を呼び死体を片付けさせます。部下を呼びナイフを受け取ったパイターは、気を失っているレト公爵に近寄ると安全を確認します。近寄ってくるハルコネンが印章がない事に気づくと、パイターは自分がその事に気づかなかった事と、ハルコネンへの恐怖からか、悔しさを隠せず神経質に落ち着かない様子を見せます。意識が戻ったレト公爵が泣いているのを見たハルコネンは、怯えた様子で何故泣いているんだとパイターに答えを求めます。ハルコネンに変わりにパイターがレトの顔を覗き込んだ瞬間、間違って公爵は毒の仕込まれた歯を噛み締めてしまうんです。毒が顔を直撃したパイターは、声を上げて後ろに倒れます。いくら意識が朦朧としていたからって、あんな醜いハルコネンと間違わないでよねー!と愚痴らずにはいられない、パイターの不運な最期でした(涙)。倒れる前の一瞬の苦しい表情が、かわいそうです・・・。

パイターはゲジ眉メークがきっついですけど、ほんとに細くて、いつもよりかなり背が高く見えるんです。あの衣装もすごくお似合いだと思います(好き)。ナイフもかっこいいんですよぉ(まただよー)
またしても頭のキレる役 (ピッタリです〜)でしたが、惑星アラキスのフレーメンの役も見てみたい気がしました。だってあの青い目が絶対Dourif様の美しさを際立たせてくれますもん。生態学者カインズでもいい。(若すぎますか・・・)ちょっと惜しいなぁ。


***************************
☆少しだけ用語解説☆
一部こちらのサイト様から引用させて頂きました。
http://ambassador.hp.infoseek.co.jp/bank/dune/index.htm
■サフォの汁・・・エカツに産する植物の根から抽出した高エネルギーの液体。普通メンタットによって使われ、精神力を強くすると言われる。使用している者は、その口と唇に深紅色の斑点を生じる。
■エカツ・・・人間の意志の力だけで形を変える事の出来る植物が生息している星(この植物がサフォかなぁ?そこのとこは不明です)
■ドクター・ユエの封印とは?
ドクター・ユエ・ウェリントンはアトレイデス公爵家の医師で、その妻はベネ・ゲセリットのワンナ・マーカス。彼はスク医学校の出身で、額につけられた菱形は帝国式条件反射(心理的に人名を奪う事を封じられている最高の条件づけ)を受けている印。パイターはその封印を解いたのです。
■サスペンサー(重力除去装置)
体重が重すぎるため、ハルコネン男爵はこれを常につけています。
■ベネ・ゲセリット
ブトレリアン・ジハドがいわゆる思考機械≠ニロボットを破壊したあと出来た二つの学校のうちの一つ(もう一つは純粋数学を軸とするギルド)。主として女子学生のために作られた精神と肉体を訓練するための古い学校。
■フレーメン
惑星アラキスの住民。メランジの影響で目が青く光る。
■メランジ
惑星アラキスのみで産出される最も貴重な香料。長寿の秘薬、また意識を拡大させ宇宙のたびに欠かせない物となっている。
■アラキス
デューン(砂丘)の惑星として知られる、カノープスの第3惑星。1滴の雨も降らない。
■サンド・ウォーム=シャイ・フルド
アラキスの巨大な砂虫。
Brad Dourif.web