Brad Dourif -- Brad Trivia !
Japanese Version


Home Brad Trivia!
----from Dourif.net様----
Translated with permission. Copyright Katherine Hayslip, 2003-2004, http://www.dourif.net.
Not to be reproduced without written consent.



1. 「チェイン・ジャンクション」でDourif様と共演したマイケル・アイアンサイド氏は、ビデオ・ゲーム「Run Like Hell」で声の出演をしている。
 
Dourif様が出演された「ファング・オブ・モンスター」でもマイケル・アイアンサイド氏は声だけ出演(?)しています。

2. Dourif様はまだ「Wise Blood」の台本を暗唱できる。
 
「Wise Blood」はDourif様が28、29歳頃の作品です。評論家の間ではDourif様の最高傑作とされています。

3. Dourif様はMISTV:EXILEの登場シーン(ファイヤーボールを投げるところ)を撮影する際、ゲームでリアルに見えるようにと思い切って強く投げるように言われ、本当に強く投げたらボールにヒビが入ってほとんど砕けるところだった。

4. Dourif様が「公式」に蛇の舌グリマ役に決まったのは1999年7月14日。

5. 「アモス&アンドリュー」の冒頭に「海の彼方に」の歌が流れる。Dourif様はXファイルのエピソード「海の彼方に」に出演している。
 
「海の彼方に」を歌っているのはボビー・ダーリンです。日本で発売されたXファイルのビデオの一部でフランク・シナトラの曲とされていますが、間違いです。元々はシャルル・アズナブールが歌ったシャンソンです。

6. Dourif様は「二つの塔」で蛇の舌グリマを演じるため、眉毛を剃り落とし、片目に濁ったコンタクトレンズを入れた。
 
公式メイキング本では、Dourif様はグリマ役のために眉毛を剃ることを躊躇わなかったとありますが、後にUSA Today紙とのインタビューで「物凄く気がとがめたよ、恋人がひどく嫌がるし。まともに見られるようになるまで6週間はかかった。でも、これもグリマの容貌の一部なんだ。」と語っておられます。まさしく役者根性ですね。

7. Dourif様はMISTV:EXILEのサーヴェドロと「二つの塔」の蛇の舌グリマで、2度アクションフィギュアになっている。

8. Dourif様は「ボッグス」という人物が登場する映画/TV作品に2度出演している。作品は「偽装死体」とXファイルの「海の彼方に」。
 
Xファイルの「海の彼方に」でDourif様の役名はルーサー・リー・ボッグスですが、「偽装死体」での役名はボックスではなくユージン(ジーン)・ハンソンです。リチャード・ボッグス医師の役はモーリー・チェイキンが演じています。

9. Dourif様は「チャッキーの花嫁」と「ルール」を同時に撮影した。

10. 映画「ザ・リング」の中で、棚の上に問題のビデオと並んだ「スポンティニアス・コンバッション」のビデオが映っている。
 
「ザ・リング」でビデオの並ぶ棚が出てくるのは、日本版のDVDではチャプター5の初めの方です。

日本の「リング」(劇場版)では同じシーンで「チャイルド・プレイ2」のビデオが映っています。

Copyright Katherine Hayslip, 2003-2004, http://www.dourif.net.
文書による同意を受けずに転載不可。


注) Dourif.net様のこのコーナーでは全て「Brad」と表記していますが、私には恐れ多くてDourif様に変えさせていただきました。


Many Thanks to Dourif.net


翻訳・交渉・追加調査:Life is Gas様

Life is Gas様

このページの「こぼれ話」は、Dourif.netのKatherine様の許可を頂いて、Life is Gas様が翻訳と追加調査されたものを書いてくださったものです。とても素敵なお話がいっぱいです。皆さま楽しんでくださいね〜!
Brad Dourf.web